還暦過ぎたエンジニアの挑戦

還暦過ぎても好奇心だけは忘れない エンジニア Hikaruです

MENU

手作りベランダが完成



ここまでは良かったのですが、 blog.yutenji.biz

あまりの暑さでへこたれていました。
本当はあのままの勢いでベランダリフォームの完成を目指そうとしていたのですが、、、

でも、
ついにインパクトドライバも手に入れ、

blog.yutenji.biz

色々問題もありましたが、
ベランダの半分まで計画通り人工芝に仕上げました。

blog.yutenji.biz

よし!!
この3連休で残りを完成させる🙁

と意気込んでいたのに生憎の台風で雨模様。
ちょっと残念ですが、予定通り残りの作業を決行しました。

。。。といってもほとんど室内でやりましたが😅



残り半分をウッドデッキに仕上げる

この残りの部分はウッドデッキにします

まあ、ウッドデッキと言っても、
このベランダサイズに合わせて作る「簀(すのこ)」です。

すでに材料は用意した

前日までに、
床板にする杉材と
脚にするワンバイ材などは、
サイズを測ってカットして防腐剤入りの塗装をしてあります。

もちろん、以前に作った
「室外機のカバーと同じ色」
にしました。

脚の仮置き

脚の仮置き

まず、脚を仮置きしてみました。
少し分かりづらいかもしれませんが、
2つの「簀」にする作戦で脚は左右に分かれています。

最初は1つにしようと思っていたのですが、 重くなりすぎてしまうのと、
お掃除しようと思った時に退かしづらいということもありますが、
決定的だったのは
床面がフラットではない
ことです。

極端にいうと、
ベランダの真ん中付近が凹んでいて、
脚を一本にしてしまうと、真ん中あたりが浮いてしまうのです。
その状態で床板を貼って乗ると撓んでしまいます。

木目にこだわる

床板を仮置き

木目を気にして、板材を並べてみました。
ま、そんなに気にしてもしょうがないかもしれませんが。。。

しかし、いい感じ😋

ここまでくると、完成したような気分になってモチベーションもあがります。

気が変わらないように番号振っておきました

こういう時、大工さんとかだと右から振るんですよね🤔
(「いろは」 だったかもしれませんが)

と思ったので真似です。
でもチョークはやめて養生テープにマジック。

インパクトの出番

作業場と化したリビング

簀ですから裏からビス留めします。

気が楽です。
表にビスは見えません。  

慣れないインパクトで締めすぎて凹んでも表からは分かりません。😊
でも板材は14mm厚、脚は19mm厚(計33mm)を30mmのビスで止めるので油断は禁物です。

で、、、

案の定やらかしました。😰
2ヶ所貫通😅

それにしても、
ドリルドライバで穴あけして
インパクトでビス留め。

ビットを交換する必要がなくなることがこんなに楽だったなんて。。。

噛み締めました。

いよいよ仕上

端を綺麗に切り落とし

まず、端をまっすぐに切り落とし。

こういうのは丸鋸がないと無理ですよね。
思い切って購入した甲斐がありました。
しかし、
ラワンの端材とクランプで逃げ切りましたが
ちゃんと丸鋸ガイド作った方が良いかも、、、
と思いました。

仕上げのサンダー

最後にサンダーで仕上げて。。。
けっこう表面はすべすべになったので、
気持ち良い「足触り」になりそうです。😄

面取り

ついでに切り揃えた木口の面を取って、
最後の塗装まで済ませました。  

ついに完成

今年(2022年)の我が家の一大イベントの一つが終わりました。
エアコンの買い替えから始まった3ヶ月間。。。
暑かった夏と共に良い思い出にもなります。

思わずちょっと振り返りました。

  1. 壊れたエアコンを買い替え
    26年目の200V - 還暦過ぎたエンジニアの挑戦
  2. 新しいエアコンの室外機にカバーをつけ
    室外機を化粧した - 還暦過ぎたエンジニアの挑戦
  3. 古いエアコンの跡を化粧直しをして
    汚れた過去の清算 - 還暦過ぎたエンジニアの挑戦
  4. 手作りベランダを完成

ふぅ〜

BEFORE

before

AFTER

after

本番製作へ

ちょっと椅子を置いてみたくなりました。

こうして出来上がってみてすごく満足しています。

お天気が良かったらこの室外機カバーをデスクにして、
椅子を置いてここで仕事をしてみようかな🤔

気持ちよさそうです❤️😄

ウッドデッキ製作の前座は終わりましたが
実はこれからが本番です。💦

修行が続きます

(続)

Hikaru