還暦過ぎたエンジニアの挑戦

還暦過ぎても好奇心だけは忘れない エンジニア Hikaruのブログ

MENU

転ぶ前に読め-git

コミットのエチケット - git

コミットを不必要に汚さないのは エンジニアとしてのエチケットですよね。 今、コミットしたばかりだというのに 「しまった! typoした」 なんて、自分のミスを追いかけてコミットしたなら スカッシュマージしてからPUSHです。 1.まずはログ確認 Copied! fil…

違いのあるファイル名だけを一覧する - git

違いのあるファイル名だけを一覧する

1ファイルだけcheckoutしたい - git

cherry-pickをするほどでもない。 そのファイルだけ欲しいfavorite git checkout <ブランチ名> -- <ファイルpath> ブランチ名とファイル名の間の--がミソだね ディレクトリごと取ってくるなら--はいらない git checkout <ブランチ名> <ディレクトリpath>

コメントを書き忘れた - git

コミットした後に 「しまった!redmineのチケット番号を書き忘れた」 時は、面倒がらずにこれ git commit --amend 日々の努力ですね

あの時点に戻したい。。。 - git

ってその時点のコミットにtagを付けていればどうってことないんだけどね。 しかし、いざtagからbranchを作ってチェックアウトしよう っていうときに「どうだっけ」ってなる。 git checkout -b tagname refs/tags/tagname h2ham.net

単にコミットの履歴が知りたいなら - git

git logだと鬱陶しい --onelineですっきりと1コミット=1行で表示 git log --oneline こんなに覚えやすいのに、たまにしか使わないと忘れるっていうところがね。。。

ローカルのコミットがぐちゃぐちゃになったら - git

リポジトリに合わせちゃえば良い git reset --hard origin/master こんなのが覚えられないの?というつっこみは無しで めったに使わないし