還暦過ぎたエンジニアの挑戦

いくつになっても好奇心だけは忘れないエンジニア Hikaruのブログ

MENU

疲れた日はいい音楽でワインでも

f:id:hikaru217:20200804231741j:plain
帰り路の静かな山手通りで

今日は蒸し暑かったですね。

暑さのせいでしょうか、
まだ火曜日だというのに、なんだかすでに今週は疲れました。

でも、ウォーキングは別!
頑張って順調にダイエットは進行中です。

そして、疲れたと言いながらも いつものように帰り路で撮った一枚。

こういう間接照明は建物を引き立ててくれますね。
好きです。


ちょっと空を見あげれば、今夜は雲が見当たりません。

満月は明日だったと思いますが、
ほぼ、真ん丸の月がぽっかり夜空に浮かんでいます。

f:id:hikaru217:20200804233504j:plain
雲のない月夜

こういう静かな夜には、
パットメセニーの「ラストトレインホーム」という曲はいかがですか。。。

はるか昔に連れて行ってくれるような感じがします。

今夜はこれでワインを。


PAT METHENY GROUP: "Last Train Home"


Hikaru


コロナの終息はいったいいつ?

f:id:hikaru217:20200803003222j:plain

最近のコロナ感染者の増加のニュースを見ていると、
いろいろな疑問が湧いてきました。

そもそも最初の頃と比べて、感染者はどんどん増えるのに、
死者数がそれほど増えないのは何故?

少なくとも明確な治療薬もワクチンもないのに、
当初と治療法が変わった?とか、
本当は効果が見込まれる治療薬がすでに見つかっている?とか
誰か説明して欲しい。

若者の感染が多く、
リスクの高い高齢者の感染は比較的少ないので、
重症化率が低い
という報道もされていますが、
多少うなずける気もするけれど納得できる説明ではない気がします。

そもそも過去にあった感染症はどうやって終息したのか

気になりだして探したら、すごく興味深い記事を見つけました。

president.jp

やはり、歴史に学ぶべきですよね。

これを読むと、そもそも

ウィルスが存在しなければ、人類の誕生もなかった

のではないかという話。

哺乳類は新しい生命を母親の胎内で育てるが、胎児の遺伝形質の半分は父親由来で、「母体の免疫反応によって胎児は生きてはいけないはず」なのだが、ウイルスの作用により、母親の免疫反応が抑制され、本来「異物」として排除されるべき胎児も母親の胎内にとどまることができているという

というような意味のことが書かれています。

なんだか素人のHikaruにも納得できる話です。

そして

ウイルスと人類のつきあい

を、4パターンにわけて記事では紹介しています。

  1. ウィルスの攻撃に負けて死ぬ(エボラ出血熱など)
  2. ウィルスを攻撃して撃退する(天然痘やポリオなど)
  3. めでたくウィルスと共存する(大腸菌や乳酸菌など)
  4. ウィルスと互いに決定打を出せずに戦い続ける(ヘルペスなど)

2は、ワクチンや治療薬があるという意味合いですが、その中でも、ウィルスを根絶することまでできたのは「天然痘」だけらしいです。

さて、今回のコロナとの戦いはどんな結末になっていくのか。。。

望ましいのは、ワクチンや治療薬が開発されて、
2. ウィルスを攻撃して撃退する
ですよね。

スペイン風邪の話

もうひとつ、記事の中で興味深いのは、
かつて100年前に大流行して、
多くの死者を出したスペイン風邪も、
流行開始から3年後に「うそのように去っていった」
という節です。

ウィルスは自然に弱体化、無害化の道をたどることもあるそうで、
感染症の世界史 (角川ソフィア文庫)の著者、石弘之氏の解説を載せていますので、抜粋して引用させていただくと、

病原性が強いままだと宿主を殺して共倒れになる危険性があり、平和共存は両者にとって有利だ。(中略)ウイルスにとってもっとも有利な寄生方法は、宿主(遺伝子の乗り物)を殺さずにいつまでも自己の複製をさせることだ(感染症の世界史 (角川ソフィア文庫)

仮に、ワクチンが開発されなくても、
自然に共存できるような日が来るのかもしれません。

でも、そんなに待てないなぁ 😓

そんな話から、勝手に冒頭の話に戻すと、

そもそも最初の頃と比べて、感染者はどんどん増えるのに、死者数がそれほど増えないのは、ウィルスも
「しまった、暴れすぎた」
と、学習を始めたのかもしれませんね。 🙄 (超楽観的なHikaru)

とにかく、スペイン風邪のときのように、
うそのように去っていって欲しいものです。


Hikaru


DeLonghiさんからコーヒー豆をいただきました

ラッキ~😄

先日書いた記事

blog.yutenji.biz

のことを、あの後、デロンギさんのアンケート用紙に記入して送ったら、こんなにコーヒー豆をいただきました。

f:id:hikaru217:20200731093054j:plain

いや、ありがとうございます。
かなり、太っ腹ですね。

これ以外にも、 前回の記事にも書いたように既にコーヒー豆二袋と、
耐熱コーヒーグラスもいただきましたから
それもあって、すご~くうれしくて、満足しています。
(もっとも、ちょっと納品まで待たせてしまうので申し訳ないということでいただいたものでしたが)

だからということではありませんが、
このコーヒーマシンは最高にコーヒー好きを喜ばせてくれます。

Hikaruが購入した2代目は特に進化していて
音も静かになり、
手入れもますます簡単になり
本当に手放せない我が家の家電になりました。

ちょっとコマーシャルチックですが、
コーヒーメーカー購入で迷われている方にはお薦めしますよ。

それにしても、ちょっと最近コーヒー飲みすぎかも。。。


Hikaru


パジェロに思う

f:id:hikaru217:20200801222510j:plain
もはやこんな写真しか残っていませんが
Hikaruの愛車もショートパジェロでした。
真っ赤なV6 3000エンジン

でした、と過去形なのは今は車のオーナーは卒業しました。
娘が小学校の高学年ぐらいになると、ほとんど必要がなくなったのと、都心の駐車場の賃料の高さです。

こういう比較は適切ではないと思いますが、
九州の大学に通う娘が借りたマンションの家賃は34,000円、
当時借りていた駐車場は屋根無しで36,000円です。 月に一度も乗らないようになってくると、流石に無駄過ぎて、その頃からメジャーなサービスになってきたカーシェアに変えました。

交通機関で不自由することはないし、
東京の生活は

カーシェアが一番。

少々贅沢にタクシーを使ったところで、全く安上がりで済みます。
飲んで帰ることもできます。

身軽でいいですよ。

車検、税金、駐車場の支払い三重苦からも解放されたのですから。

しかも当時借りていた駐車場は自宅マンションから徒歩4分。🤔

カーシェアの一番近いところは50メートルくらいの近さなので、もう馬鹿馬鹿しくて郊外にでも引っ越さない限り、当分車のオーナーにはなりません。

しまった、パジェロの話だった。

当時Hikaruが乗っていたのは3リッターの真っ赤なショートパジェロ

パジェロは最高の車

でした。

千葉の九十九里の明け方の砂浜を海岸沿いに走ったり、(←これ最高)
北は仙台、秋田から南は九州までどこへいくのも一緒。
車中泊も何度かしています。

良く走りました。
確か、12〜3万キロは走ったと思います。

そして、娘が生まれてからは助手席はチャイルドシートを置いて娘の定席。
その頃、助手席に乗る Hikaruの

彼女は娘

でした。

奥さんは後ろの席に乗るのに、
そのチャイルドシートが邪魔で、2ドアの前の席が倒せず、
いつも四苦八苦していました。

完全に 奥様 < 娘優先(そんなことで良かったのか?🙄)

思い返しても親ばか加減は半端じゃなかったHikaruです。
懐かしいです。

そんなパジェロも最近はあまり見なくなったなぁ、と思っていたところにこのニュースが飛び込んできました。

car.watch.impress.co.jp

一番長く付き合った車だし、
今はオーナーではなくなったとはいえ、
なんだかやはり寂しいです。。。


 

Hikaru

渋谷駅西口の歩行者デッキが開通しました

f:id:hikaru217:20200731214729j:plain
桜が丘方面から見た渋谷駅西口
先日、「だいぶ完成に近づいたみたい」と書きましたが

blog.yutenji.biz

今日、ロの字の形で開通したみたいです。

工事中は色々な形のコの字の通行を余儀なくされていましたから、開通してホッとしました。

写真で見ての通り、もはや「歩道橋」というより、
ちょっとした広場です 。 😄

首都高速3号線の下を潜り、その向こうに見えるのは、
閉店した東急東横店の西館と銀座線。

東京国道事務所ホームさんのサイトから

かつてのこんな状態
から随分改善されました。

とにかく、渋谷のイメージは
「ゴミゴミしていて人が多くて歩きにくい」
でした(です)から、渋谷周辺住民としては、本当に気持ちいいです

こうなってくると、東口の歩行者デッキとJRの線路を跨いで繋がる日が待たれますね。
その時はセルリアンタワー方面からヒカリエまで
歩行者デッキで渡っていけます。

ただ、桜が丘の再開発との兼ね合いもあるでしょうし、
この下を通る246号線の拡幅工事と、
JR渋谷駅の工事はまだまだ続くみたいです。

Hikaru

歳とってから授かった子供

f:id:hikaru217:20200727171154j:plain
イメージ写真はhooomeさんによる写真ACからの写真 をお借りしました
今は晩婚化の時代なので、
表現は悪いですが、保育園に連れていく親子連れを見かけると、
親なんだか、ジジババなんだか判別不能な人たちがいます。

「おじいちゃんにしては若すぎるよね」
と、いうような。。。

実はHikaruも初子は45歳の時でしたので、
どちらかと言えば、
「歳とってからこどもを授かった」
グループです。

ですので、還暦過ぎても子供は未だ成人していません。

まだまだ働かなきゃ → 生涯現役!(最近こればっかり)なんですが。。。

よく

「歳とってから授かったこどもは可愛い」

といいますが、それは
「可愛い」などというレベルではありません。

「可愛くて可愛くて可愛くて目に入れても痛くない」 レベルで
「ほんとに目に入れてもまったく大丈夫」
って思えるぐらい、めちゃめちゃ可愛いです。 😄

伝わりますかね。

たぶん、子供のいない人には、その日が来るまで伝わらないです。

私もその日が訪れるまでそんな気持ちを知るとは微塵も予想できなかったですから。

世の中には
本当に子どもが欲しくてもできないご夫婦もたくさんいらっしゃると思うので、
ブログなどにこんな風に書くのは適切ではないかもしれませんが、

そうではなく
子供を作らずに夫婦二人で年老いていく生活を選択している人たちには、
人生のこれ以上ない楽しみの大部分を
感じることなく歳を取ってしまうことの不幸を知ってほしいものです。

ちょっと言いすぎかな。。。
でも無慈悲にも年齢制限はありますからね。

とにかくHikaruは、
そんな可愛い娘に将来絶対に迷惑をかけるわけにはいかないので、
生涯現役でぴんぴんしたまま、
こと切れるその時まで生きていこうと思います。

Hikaru


自分のパソコンをウェブサーバーにしておくときっと良いことが

あるかどうかはわかりませんが、
少なくとも面白いことであるのは間違いありません。

f:id:hikaru217:20200727213800p:plain
ネットワークを味方に

Hikaruはエンジニアなので、
自分のパソコンで ウェブサーバーを立ち上げておくということは
大工さんが大工道具を持つぐらいに必然なのですが、
みなさんはどうでしょうか?

一般的にはそんなものは必要ない
と、思われるのではないかと思います。

が、今日は敢えて書こうと思います。

普段、スマホしか使わないという方も、
PCをお持ちでしたらぜひ。

自分のパソコンをウェブサーバーにしておきましょう

と。
少し勉強すれば、副業ができるかもしれません。

自分には全く縁がないと思っていたプログラムやホームページ作成ができると趣味の幅も俄然広がるかもしれません。

ブログを書いている人もその仕掛けが紐解かれるかもしれません。
な~んだ、、、なんてね。

追々、このブログではいろいろなことを紹介していきたいと思っていますが。。。

とにかく、善?は急げ。

XAMPP(ザンプ) をインストールしておく

XAMPPとは

  • X(さまざまなOSに対応したクロスプラットフォームという意味合いです)、
  • Apache(ウェブサーバー)、
  • MySQL(データベースサーバー)、
  • PHP(プログラム言語)、
  • Perl(プログラム言語。今時はあまり使われませんが)

を動作させることができるパッケージソフトのことです。
これだけインストールすれば立派なウェブサーバーです。

ネット上でたくさんインストール方法が紹介されていますが、
この辺りの記事がわかりやすそうですので参考にして
ダウンロードして、解凍して、インストールしちゃいましょう。
XAMPPのインストール方法

本当に簡単ですね!
これであなたも今日からエンジニア。
成すべきと事はこれっきりで大丈夫です。👍

「これっきり」なので、インストール中はこちらでも。。。🙄


山口百恵 横須賀ストーリー

(ここから先はWindowsの画面を交えて紹介します)

インストールが終わるとXAMPPのメニューが追加されますので、
XAMPP Control Panelを開いて

f:id:hikaru217:20200719111913j:plain
メニュー > XAMPP > XAMPP Control Panel

コントロールパネルで確認しておきましょう

f:id:hikaru217:20200719112544j:plain
ApacheMySQLが起動していればOK

さっそくマイPCのサイトを開く

ブラウザを起動して ’http://localhost’ にアクセスします。

f:id:hikaru217:20200719112728j:plain
こんな画面が表示されればOK

これで、あなたもエンジニアの仲間入りです。

 

Hikaru