還暦過ぎたエンジニアの挑戦

いくつになっても好奇心だけは忘れないエンジニア Hikaruのブログ

MENU

娘の城づくりに首を突っ込む

f:id:hikaru217:20200913125945j:plain
散歩の途中で

このところ、慌ただしいです。

もうすぐ、いよいよ、娘が独り暮らしを始めるのにいろいろと。😄

引っ越しの段取りもありますが、 初めての独り暮らしは物入りです。

一体いくらかかることやら。。。😓

「初めが肝心」
「安物買いの銭失い」
ということもあるので、
あまりケチらずに必要なものは買い揃えようと思っています。

だけど、狭い1DKの独り暮らしの部屋に
「余計なものは置きたくない」 🙄

ということで

要るか要らないか吟味リスト

を作っていろいろ吟味することにしました

まずは消耗品以外で必要そうなものを列挙

キッチン・水場関係
# 品目 必須 コメント
1 冷蔵庫
2 オーブンレンジ
3 炊飯器 飢えられたら困る
4 洗濯機
5 包丁・まな板
6 鍋・やかん・フライパン
7 ゴミ箱 いわゆる集積場所はなさそう
8 バケツ やはりないと困るよね
9 風呂場グッズ 桶ぐらいは要るよね
10 トイレ(掃除)グッズ
11 選択物干し(竿) 外からあまり見えないように低いのにしようかなぁ😏
12 エレクター キッチンが狭いので縦に使う
リビング関係
# 品目 必須 コメント
1 カーテン 一番大事だと思う。センスだよね。角部屋は高くつく
2 ゲストベッド付ベッド 一人ぐらいなら友達を泊めてあげたいらしい(やや危険?😳)
3 ベッドリネン こういうのが意外と出費しそう💦
4 掃除機 ロボットなんか使わせない
5 学生なので必須
6 椅子
7 電気スタンド これはある
8 パソコン 古いwin10のノートで我慢
9 プリンタ 何故か今あるでかいレーザープリンタで我慢
10 電話 × 今時要らない
11 FAX × 絶対要らない
12 Wi-Fi/ルータ × mobileルータで屋外兼用
13 本棚 何もないのは結構困る
14 チェスト WIクローゼットに押し込む
15 ハンガー クローゼットにはハンガー掛けしかない
16 テーブル 食事用。勉強机と兼はNG。お行儀よくしてね
17 クッション・座布団 ちょっと一つもないのは
18 テレビ × NHKは来るな
おまけ、無いとちょっと困りそうなもの
# 品目 必須 コメント
1 自動車 × アッシーを見つけること😏
1 自転車 地域的にこれも必須だなぁ
1 電源タップ・モール
1 防災グッズ 備えあれば、だけれどそこまでまわるか?!
1 工具 ドライバーぐらいないと困るんじゃない?

一応、
(購入)必須なものには「
既にあるものを使うのは「
絶対要らないものは「×
微妙なものには「
と、してみました。

こうしてみると、ほとんど全部必要じゃないかと思えてくる。

はっきりと間違いなく要らないものは 電話とテレビですね。👍

もう、昭和じゃないです。


しかし、本当にいくらかかるかなぁ。 消耗品は含めて書いていないので、
生活を始めると必要なものはこれ以外にも細々ありますよね。😅

でも、娘のこととなると、考えるだけでもなんだかやけに楽しい。
親ばかはまだまだ当分止められません。

自分の部屋でもないのにテンションMAX。😄

ささやかな幸せです。

お題「ささやかな幸せ」

 

Hikaru


微妙な信号機で

f:id:hikaru217:20200910094529j:plain

みなさんのご近所にもありませんか?

必要あるの?
って思うような

微妙な信号機

たかだか3mあるかないかのような道路に
横断歩道とご丁寧な信号機。

車の通りも微妙。
早朝なんてカラスしかみない。

有難迷惑のような信号機の 「赤」。

どうします? 待ちますか?🙄

ぶっちゃけた話、
そんな車も来ない赤信号を
ポケーっと信号が変わるのを待つのはあほくさいですよね

はっきり言って
Hikaruはそんな信号は無視します。😏

意味のない行動は嫌いです。

早く信号機はAIにして
って思います。

でも、そんなとき、そこに

小さい子連れの親子がいたら

話は別です。😐

待ちます。
青になるまで。
あほ草、と思いながら。

何故なら、その小さい子連れの親は 「信号はよく見て渡りなさい」
などと子供に言い聞かせている
と思うからです。🤔

大人が範を垂れなきゃ
って思うからです。

その親の教育の邪魔になるようなことはしてはいけない
って思うからです。

自分の娘が小さかった頃のことを思い出しても
周囲の大人に
「ばかやろ」
って思うこともあったからです。

たとえ、急いでいたとしても、その親子連れの親には 味方したいです。😐

だから待ちます。。。

なのに、、、

信号無視して渡るな

赤の他人のHikaruがこんなに気を使っているというのに
そういう親子連れ、 いや、そういう親を見ると本当にカチンときますね。

ま、そのうち子供も平気で信号無視するようになるとは思いますが。

Hikaru


重陽の節句

f:id:hikaru217:20200909223544j:plain
我が家の菊酒。。。これは菊なのか??

まあ、Hikaru家は呑兵衛夫婦なので
お酒を飲むことに理由をつけるのは得意なのですが、
日本酒は滅多に飲みません。

きっかけを与えてくれる
こういう慣わしは日本人として大事にしたいものです。

なんだか動機が不純な気もしますが。。。
日本の文化は大切です。

というわけで、
スーパーで買ったお刺身パックについていた
「菊」?
を熱燗に浮かべてみました。
(一応、仏壇には菊の花は供えていますよ、念のため)

なんか
「これはたんぽぽなんじゃないの?」
という、夫婦間の議論もあったりはしたのですが
そんなの関係ありません。

久しぶりの日本酒はおいしかったです。

たぶん、五節句の中でいちばんマイナーな感じの重陽節句ではありますが、
(単なるHikaruの偏見か🙄
別名「大人の節句」です。

健康であることを噛みしめてお酒。。。


次の節句「人日(じんじつ)の節句 - 1月7日」はもう来年のことです。

毎年、夏が過ぎるとあっという間に年末がやってくるのを思い出してしまいました。

あらためて写真を見ると、
なんだか月見のようにも見えてきました。

かわいいです。

さ、秋を思い切り楽しまなきゃ。

Hikaru

オームの法則

f:id:hikaru217:20200908000548j:plain
散歩の途中で目が合った(オームじゃなくてふくろうじゃん)

なんだか半世紀前の中学時代の授業を思い出す。

と、書き出したいところだけれど、これっぽっちも思い出せません。

でも、今になってなんだっけ?ってなりました。

こんな程度で

電気工事士

の資格を取ろうとしている無謀なHikaruです。

blog.yutenji.biz

で、頭の中に叩き込むためにブログネタにしています。😓

ちょっと絵文字も大きくしちゃいました。

(オームの法則)
電圧(V) = 電流(A) × 電気抵抗(Ω)

理屈がわかれば覚えられるものも、
丸暗記となるとほんとに歳かさが邪魔をしてくれます。
めちゃ苦手。

こんなことなら理科の授業をちゃんと聞いておけばよかった。

つまり、

  • 同じ電圧なら抵抗が大きくなると流れる電流がそれに反比例して減るっていうこと?

  • 同じ抵抗なら電圧を上げると流れる電流もそれに比例して大きくなるっていうこと?

式だけみるとそんな感じに思えるけどこんなことで試験は大丈夫なのか?
理解できているのか?

今日は自問自答と「」だらけの記事です。

あ~なんとかこの苦手意識を払しょくしなければ。。。

でも、ついつい人間て楽なほう~に行っちゃうんですよね。
もう違うことを考えてました。。。


君のひとみは10000ボルト 堀内孝雄

10000Vで100Aなら100Ω

これで覚えることにします

おやすみなさい

Hikaru


24秒の駆け引き

f:id:hikaru217:20200906232316j:plain

例年、娘の母校のバスケット部は9月の1週目の週末の大会でユニフォームを脱ぎます。

もっとも6月のインターハイの予選ですでに引退はしているので、
たいした練習をしているわけでもなく、
最後のお別れ試合のようなものですが、
先輩から後輩へバトンタッチといいますか、
気持ちのけじめという意味あいのある大会です。

ところが、こんなご時世で、 例年とは違う大会が無観客で行われました。

blog.yutenji.biz

もちろん、見に行ったわけではないので
試合展開などはわかりませんが、
結果を見ると、
なんと娘の母校は1点差勝ちしていました。

よかった。。。

いろんな意味で。

そもそも

逃げ切ったのか、間際の逆転か

もわかりませんが、
そんな試合をもし見せられていたら、
精神衛生上もたまったものじゃないです。


バスケットは

試合時間が厳密

です。

コートの中でボールが生きている間だけ 試合時間は進みます。
つまり、何か反則があって審判が笛を吹いた瞬間、
ボールデッドになって試合時間はとまります。

そして、2秒あれば得点する(される)ことは可能です。 終了間際は時間との勝負です。

リードしていればどうやって逃げ切るか!
ダメ押しできるか!
負けていればどうやってボールを奪うのか

バスケットはボールを持っている側しか得点できません。
(たま~~にオウンゴール?というのもあることはありますけどね)
勝っていれば相手にボールさえ盗られなければ 逆転されないのが理屈です。

下手にダメ押しの追加点を狙ってシュートを打つと、
外して相手にリバウンドを取られて
逆転されるリスクが伴います。

なのでシュートを打たずにボールを回すのですが、
バスケットには24秒ルールというのがあります。
24秒間シュートを打たないでボール回しだけをしていると
自動的に相手チームのボールになってしまうのです。

要するにシュートするタイミングは駆け引きです。

残り時間にもよりますが、
逆襲される時間はできるだけ短いほうが
守り切れる確率は高くなるでしょう。

24秒をうまく使うことに集中します。

だから、1点差の終了間際の攻防は
どっちのチームにとっても難しいです。

残り時間との戦いです。

見ている方は胃が痛くなります。

もう、こういう試合は

結果だけ知るのが一番

です。

っていうのは負け惜しみみたいな話で
本心は生で観たいですよね~。。。

結果がどうであれ。

とにかく、
後輩たちはよく頑張った!

Hikaru

夏の終わり

f:id:hikaru217:20200906000501j:plain

俺の愛車だぜ

とか言ってみたいものです。
(すみません、この車のオーナーさん)

ちょっと車種もわからないけど、
猫系の顔
ノーズの長さ
テールの感じとか。。。

まあ、Hikaruには似合わないかも


少し負け惜しみ風のことを書くと、
車もそうだし、
家なんかもそうだと思いますけど、
外からの見栄えよりも
居住性のほうがやっぱり大事ですよね。

結局乗って運転していたら、
「かっこいい車に乗っている自分」
を自分で見ることは普通ないわけだし、
車なら乗り心地を優先したいものです。

とはいえ、
いわゆるスポーツカーとか
コンバーチブルとか
かっこいい車に乗ってみたい気持ちがないと言えばうそになります。


ずいぶん昔ですが、わけありで

HONDAのNSX

www.honda.co.jp

に乗って関越を走ったことがあります。

あの普通の乗用車には無い加速感はやっぱり楽しいし、
地べたを走るようなスピード感はわくわくするし、
自然に笑顔になります。

ああいう車に乗ると、多少人格も変わっちゃうかもしれませんねぇ。。。


でも、ちょっと渋滞に巻き込まれると
そこはスポーツカーもトラックも関係ないです。

しっかりノロノロ運転で。

でも、
かっちょいいし、
車高低いし、
隣の車線の車から「見おろされる」視線もやはり感じるわけです。

ちょっと自慢気に悪い気はしなかったのを覚えています。 自分の車じゃないのに照れてみたりして。

なんだか運動不足解消の日常の散歩より
夕焼けの海岸をドライブしたくなってきました。

夏も終わりだし。。。
 

Hikaru

XIX

f:id:hikaru217:20200904223348j:plain
本当は自分が欲しいAirPodなんだけどね

今日ぐらいは親ばか記事も許してほしい、、、
と言いつつ、いつものことですが。

娘の19回目の誕生日です

こんにちは

世の中の親御さんたちならわかってくれると思う。

その「何年前」かの今日は
筆舌に尽くしがたい「感動の日」だったからです。

でも、その頃、会社を立ち上げたばかりで
金策に走っていたころでもあるので、
思いは複雑でした。

入院先の病院から電話をもらって
取るものもとりあえず、車で駆け付けた時には
もう、生れていました。

安産だったので、
それは喜ぶべきだったことなのですが、
病院の廊下で
今か今かと待ち続けるのをどこかで憧れていましたから
そういう意味でも少し複雑でした。
(ちょっとドラマの見過ぎだったかも)

でも、そんなの関係ないですね。

生れてわずか1時間後の分娩台で看護婦さんに撮っていただいた
新しい家族3人の写真は本物の宝です。

自分でいうのも何ですが、
その写真に写る自分の笑顔はたぶん人生で一番いい顔をしています。

今よりだいぶスリムだったし、
髪もくろかったから。。。

ちょっとここではお見せできませんが。。。


その娘は
自分の誕生日が関係しているかどうかはわかりませんが
今日から女友達4人と別府にショート温泉旅行です。

ティーンエージャー最後の年になっちゃった」
とlineをくれながら
美味しそうなものを食べているらしいです。

f:id:hikaru217:20200904222849j:plainf:id:hikaru217:20200904222840j:plain
Hikaruがまだ仕事中だというのに送ってきた

ちょっとお腹が鳴ったかも。。。

とにかく、毎年この日を迎えるたびに
歳を取っていく感じがなんだかな。。。

もうすぐアルバイトを始めるから

と、金髪をやめて、
普通の穏やかなベージュカラーに戻ってた写真をみて
少しだけ、ホッとしたかもしれません。

とにかく、まだまだ一つ一つの行動が心配で
ドキドキさせてくれます。

いつまでもドキドキさせてくれる が、一番幸せでいいのかもしれませんが。

※ 職場で知ったのですが、娘の生れた2001年9月4日は東京ディズニーシーの開園日でもあるらしいです。
そうだっけ?っていう感じですけど悪い気はしませんね。

今日は恐竜好きのむずめが大好きだったベロキラプトルで  

Hikaru