還暦過ぎたエンジニアの挑戦

還暦過ぎても好奇心だけは忘れない エンジニア Hikaruのブログ

MENU

ちょっとだけエントランスの雰囲気を変えた

IKEA のワードローブ用のセンサー付き照明

夜、外出先から帰ってきて誰もいない時、 鍵を開けた瞬間が真っ暗。。。

ではちょっと寂しい。

ということで、IKEAでこれを購入しました。

手抜きの設置

もともとワードロープの中に付けて
扉を開くと人感センサーでライトが灯る

という商品ですが、Hikaru家ではこれを玄関につけることにしました。

当初は下駄箱の上にポツンと置いていたのですが、
ちょっと閃いたのでこんなふうにダウンライト風にしました。

おっ、なかなか良い感じ😗

昼間の明るい時に撮ったのでイマイチな写真ですが、伝わりますでしょうか。

ちょっと強力な両面テープで貼り付けただけで、
2つセットで¥800ぐらいだったので安い買い物です。

電源は単4電池

この照明ですが、電池交換が楽ちんなところが良いです。
例えばテレビのリモコンの電池を思い浮かべていただくと
蓋には爪があってスライドさせるなどして外すと思いますが、
これはマグネット(真ん中の丸いところ)でくっついているだけなので、
パカっと外すだけで電池交換できます。

難点は電池の消費量

まあ、仕方のないことですが、
センサーで勝手に点く照明なので、
玄関を出入りするたびにピカっとついて、
消灯スイッチはないので三十秒ぐらいつきっぱなし。
一つの照明で3個の電池を使うので、結構電池は消費します。

ということで少々勿体無い気がするので

単4型充電池を購入

しました。

数百回は充電できるそうなのでちょっとecoかも。
少し電池がくたびれて照明が暗くなってきたな
と思ったら電池交換するか、つぎ足し充電してしまおうという思惑です。

しかも、期待していなかったのですが、
この充電器は単3単4兼用になっていました。

写真ではちょっとわかりにくいかも

今度は少し単3の充電池も購入しておこうと思います。

ちょっぴりeco lifeを

Hikaru


パキラたちと付き合う

f:id:hikaru217:20220415234929j:plain

ブログのタイトルが「〜の挑戦」
で、最近DIYに関する記事ばかり書いているので
還暦過ぎたエンジニアがDIYに挑戦し続けているような雰囲気になってきましたが 。。。
まあ、振り返ってみると確かにそうなんです。

でもよく考えてみるとこのDIYという言葉は
「自分でできることは自分でする」
ということだと思うので、
前回の記事のように、木材を切り刻んで何かを作る
というのはDIYのほんの一部のカテゴリーに過ぎないですよね。 😅


話は変わりますが、
おかげさまで最愛の一人娘

は無事大学の3年に進級し、 去る1月には成人式も終え
(ん? この表現は正しい?終えるものなのか。。。🤔 )
夫婦二人の生活に戻って早2年。。。

少し大袈裟かもしれませんが、
なんとなく人生の楽しさがわかってきたかもしれません。 😊
というか、気持ちの中に余裕ができてきたのだと思います。
まあ、それなりに歳をとったということですね、きっと。

毎日を明るく、味わいながら過ごそうとあらためて思います。
もちろん、今日も。😗


そういう意味で、
このブログを書き始めたころの原点に立ち返って. ますますいろいろチャレンジしていこうと思います。

我が家の観葉植物

我が家にも観葉植物というおとなしい子供たちがいて
お水をあげたりしているのですが、
最近は育ち過ぎてどこまで大きくなるのか気になったりもしています。

特に大きいのはこの3人

f:id:hikaru217:20220415234951j:plainf:id:hikaru217:20220415234943j:plainf:id:hikaru217:20220415234922j:plain
左からドラセナ、オーガスタ、パキラ
中でもパキラなんか身長2mを超えています。

見る目が変わった?

でも、最近できてきた心の余裕で、
それぞれをじっくりよくよく見てみると変な育ち方をしているようで
ちょっと勉強しようと思いました。

植物とはいえ、もう20年以上は同居しているので
もっと大切に可愛がってあげないといけないと。。。

ちゃんとパキラたちとも付き合おうと思います。

といってもくるみどりちゃんねるのこの方の動画を見たりするぐらいですが、、、


www.youtube.com

とっても勉強になります。

葉水が大事らしい

その中で「葉水をあげる(する?)」のも大事だと教えられました。
植物は根からだけでなく、葉っぱからもお水を吸っているのですね。
ほんとに無知で恥ずかしい。。。😅
暖房で乾燥した部屋はあまり植物にはよくないらしいです。

というわけで購入しました。   GLOROAの噴霧器。

f:id:hikaru217:20220415234937j:plain

ネットで購入したものですが、
ミストの細かさも無段階で調節できて
レバーを握った時と離す時の両方で噴霧できて、使いやすさバッチリです。
アイロンで使っている霧吹きとはだいぶ違います。


ココヤシファイバーを知る

余談ですが、
昨年、オーガスタの鉢にキノコ蝿が卵を産みつけたらしく、
小蝿が大量発生して参りました。
市販されている小蝿ホイホイみたいなものは効かないですよ!! キノコ蝿には。

これもくるみどりちゃんねる」を見ていて知ったのですが、
「ココヤシファイバー」で鉢の土を覆い被せるようにして土を見えなくすると、
小蝿も卵を産みつけたりしないそうです。

f:id:hikaru217:20220416010209j:plain

見栄えも良くなるし、しかも安いです。
ビバホームで一袋¥288でした。

どうやら今年は小蝿と格闘しなくてすみそうです。

Hikaru



ルールは「パンツは履く」

blog.yutenji.biz

この記事以来、
エネルギーを使い果たして地下に潜っていましたが、なんとなく元気が出てきたのでぼちぼち続編を書こうと思います。

あのとき、実は図に乗ってさらに作ったものがありました。

それがこれ。

f:id:hikaru217:20220306212946j:plain

一見ただの箱?
に見えるかもしれませんが、

洗面台とお揃いのパイン集成材で作った、
ランドリーバスケット兼脱衣所用スツールです。

脱衣所も綺麗にしたし、 風呂上がりに鏡の前でのんびり髪を乾かしたり、セットしたり、、、
優雅な時間を演出しようじゃあないか 😄
という目論みです。
座面を開けるとこんな感じで洗濯物をつっこめるようにしました。
 
f:id:hikaru217:20220306213816j:plain
脱いだ下着をそのあたりにほっぽりだしては見苦しいですよね。

今思えば、これも素人なりに頑張りました。
というか、一言で言うと無謀!
初体験の工作ばかり。。。
箱の部分は洗面台でやってみたダボ継ぎだけで組もうと計画したのはまだ良かったのですが、
蝶番も蓋のステーも取り付けたこともないし。。
そこへさらに(ちょっとキャスターを付けて滑らせられるようにしておきたい。。🤫 )
と、思ってしまったのが運の尽き。

こんな拙い絵でわかるかどうか、、、
HIkaruの頭に浮かんだのはパックマンのイメージです。
f:id:hikaru217:20220308092847p:plain
キャスターを見えないように隠して滑るように転がせるようにする。

f:id:hikaru217:20220403220459j:plain
というアイデアで、こんな感じで下書きしたまでは良かったのですが、
はたと考えました。
この「隠しあげ底」のような底板にキャスターを付けて荷重に耐えられるのか🤔

色々調べました。
で、ここは「大入れ継ぎ」という加工をするべきかもしれない!

kagu-diy.com

側板に底板の厚みの溝を彫ってはめ込むのです。

結局この計画の完成のために、3台目の電動工具を購入することにしました。

f:id:hikaru217:20220410231726j:plain
トリマー

これで大入れ継ぎの溝を彫るのです。
まあ、部屋の中は木屑の山になり、
腰痛も悪化しましたが、
なんとかかんとか底板をはめ込み、
キャスターも取り付けて完成にこぎつけることができました。

座面の角の丸みを削るのもトリマーを使った工作です。

これで、風呂上がりのひと時の過ごし方がグレードアップして新たな生活スタイルができました。

でも、風呂上がりだからといって、
裸のまま腰掛けるのはやめようよという話し合いになり、
スツールに座るときは

「パンツは履く」

ということが我が家のルールに追加されました。


Hikaru



(続完)洗面台下の収納を考えた

娘が可愛がっていたIKEAのぬいぐるみ用の椅子を作りました!

f:id:hikaru217:20210523125628j:plain
なんちゃって

そんなわけはありません。

だいぶ出来上がった手作りの洗面台ですが、

f:id:hikaru217:20210523140559j:plain

この隙間から見える給水管や排水管、
なんだか見苦しいですね。  

洗面台の一連のリフォームの最後に
お化粧というか、
身だしなみ

見せる収納💕

見せる収納というのは、Hikaru夫婦の今回のリフォームのテーマの一つでした。

素人ですが、
これでも機能美は追い求めているつもりです。

で、見つけた答えの一つがこれ。  

キャビネや収納ボックスの

余った材料で作る隙間家具

素人DIYの「失敗あるある」は 計画や設計と実際の製作物の間にある大きさの誤差
つまり、
加工の未熟さ、
製作技術の未熟さ だと思っています。

なので、今回の一連の洗面脱衣場リフォームも
洗面台下のスペース活用では、
主たる目的のキャビネと収納ボックスの製作後、
空いた隙間を最大限上手く活用するのもねらいでした。

でも、最初から
「このぐらいのスペースが残る」
と思っても、収まらなくなる公算が大きい。
と考えて、その隙間を埋める家具のサイズは保留にしていました。

で、ようやくその隙間の様子が明確になったので、
下案をしっかり採寸して、
端材と相談して、
デザインしてみたのがこれです。

ぬいぐるみのための椅子ではなく、
洗面台下の隙間家具

排水溝の点検もできないと困るので、
可動式にしたいと思い、キャスター付きで考えてみたものです。

前板の真ん中にはキャビネとお揃いのつまみをつけて
車輪は前から見えないように板で隠して、
さらに背中には少しスペースがあるので
100均で買ったカゴの取っ手を切り外して
隠しカゴ(?)をつけてみました。

使用頻度の低いお掃除道具などをしまおうと思っています。  

f:id:hikaru217:20210523125607j:plainf:id:hikaru217:20210523125617j:plainf:id:hikaru217:20210523125639j:plain
こういうところがDIYの醍醐味

そこそこうまくできました。

これで、吸水管や排水菅はうまく隠せますし、
ちょっと小洒落た洗面台になりました。

排水溝を点検したい時はコロコロと引き出します。

ちょっとかわゆい

仕上げに

f:id:hikaru217:20210523201144j:plain

タオルハンガーをつけ、
(本来はコート掛けらしい)

f:id:hikaru217:20210523201213j:plain

窓枠の下にフックをつけて
(ちょっとゴツいかな)


完成

f:id:hikaru217:20210524231943j:plain

f:id:hikaru217:20210523201308j:plain

f:id:hikaru217:20210523201358j:plain


まとめ

連休7日目、
本当に疲れた😅

初めてのリフォームを
初めてのDIYでチャレンジして
本当に大それた計画だと思っていましたが、
コツコツやればなんとかなるものだとつくづく感じています。

小さい失敗はたくさんありますが、
けっこう思い通りになりましたし、
筋肉痛にもなりましたが、何より楽しかったです。

夫婦で口喧嘩しながら頑張ったのもよかったかもしれません。

ついでに体重も2Kgぐらい減りました。

充実の2021年GWでした。 娘に知らせたら呆れられましたが。。。

一旦完

 

Hikaru



洗面台下の収納を考えた

f:id:hikaru217:20210523141912p:plain

雑な発想

メモ

この汚い字の雑なメモは何かというと、
新しい洗面台ができたら、
こんなふうに洗面台の下は有効活用したい
というイメージです。

左側はチェストみたいなのを作って、
バスタオルやら下着やらを
右側は掃除道具や買い置きの石鹸やシャンプーを
まとめて収納するようにしようという目論みです。

しかも、ただのスペースにしてしまうと
奥のものが取り出しにくいので
バケツやブラシまで、引き出しに納めちゃおうと思います。

DIY初心者のくせに大胆ですよね。

大体において、
たいした知識も工作経験もなく、
ましてや、工房などあるわけもないマンション住まいです。

「難しい造り」にしなければ大丈夫😄
などと気楽に考えて材料の木材も既にGW前に買い込んでしまいました。

やる気満々の連休5日目のことです。

もちろん、こんなメモ一つでできるわけはありませんが、
それなりにしっかり採寸して
サイズを決めて
引き出しの前板など見えるところは洗面台と同じ赤松の集成材、
背板や、引き出しの材料は合板にすることにして
「板取り(この言葉も最近知った)」を図にして
カットも含めて注文しておきました。

計算さえ間違っていなければ綺麗に収まるように作れるはずです。


間違い探し

でも、こうして洗面台ができたので、

blog.yutenji.biz

組み立て始める前に その下に買った板材を仮置きしてみると、、、

またしても

がーん❗️

板の厚み一枚分計算を間違った😫

小さく間違ったのならともかく、
大きく間違ったので
そのまま組み立てたのでは
「排水管や給水管」が邪魔になってその分収まらないです。

参りました。大ピンチ!🤔

だけど、、、
こういう時に問われるのが危機管理能力🙁
いや、大袈裟、
しかし、災い転じて福にすべく、
いろいろ悩んで

設計変更

することにしました。💡

入らないなら切っちゃえばいい

素人のDIYは雑です。
ちょっとHikaruの頭の中を描いてみました。  

これしかない

まあ、組み立てる前なので
(事前確認してよかった😅 )
ノコギリさえあればという感じです。

あとは、底板と側板と背板の3枚をどう組むか🤫
(といってもビス留めしか考えていませんが)

しかし、
案ずるより産むが易しでした。
実際には側板は1枚板にはしていなかったので、意外とうまくいきました。
自画自賛😊

f:id:hikaru217:20210523130402j:plainf:id:hikaru217:20210523125511j:plainf:id:hikaru217:20210523125450j:plain
洗面台下の見えないところに神経すり減らす

キャビネを作る

右側の収納ボックスより、
こちらの方が簡単ではないかと思っていた左側のキャビネ。 (素人のくせに完全に舐め切ってました)

本当は全然一筋縄でいきませんでしたが、
なんとかできましたのでお披露目します。

f:id:hikaru217:20210523134258j:plainf:id:hikaru217:20210523134306j:plain
キャビネも自己満足の出来になった

ちょっとしたこだわりが

右側の収納ボックスも、
左側のキャビネも、
アップした写真ではわかりづらいかもしれませんが、
1段目の前板だけ、ボックスの高さより上に突き出させました。  

実はこれ、
洗面台下は排水管などの都合があって
ボックスの高さは限界です。
これ以上高くはできません。

ところが、
洗面台自体はこの収納の発想の前にサイズを決めてしまっていました。
キャビネの採寸をしたときに、
前板の下に隙間ができてしまうことに気づいたので
ちょっと突き出させるようにしたということです。

で、

上手くいったみたい

f:id:hikaru217:20210523140559j:plain

f:id:hikaru217:20210523140803j:plain

(続)


Hikaru



水の出る幸せ

完成目前の挫折!

あちゃ〜!管が届かない

こういう時、プロはきっと延長するための管や部材を用意しているのでしょうね。

でも素人のHikaruはそんなものは持っているはずもなく、
翌日ホームセンターへ急行したのでした。


給水管を延長する

フレキパイプ
ベンリーカンニップル

結局、
「フレキパイプ」というのと、
「ベンリーカンニップル」という缶同士を接続するネジを
水用と温水用に2セット買ってきました。

フレキパイプは一見硬そうですが、
実は結構曲げることができることをお店の人に聞いて知りました。
フレキはきっとフレキシブルということね?

それでいうとベンリーカンニップルってなんだろ🤔
ニップル(nipple)って乳首じゃなかったっけ?

f:id:hikaru217:20210520224346j:plain

とにかく、
なんとかつなげることができました✌️

写真ではよくわからないかもしれませんが、
この洗面ボウルの排水管は、
自由に回転させて
取り回せるようになっています。

洗面台の下が広く使えるように設計されていますね。💡




水の出る幸せ

f:id:hikaru217:20210520223036j:plain

さっそく、水を出してみて
感動しました。

普段便利に使っているものが
ほぼ4日間使えなかったので、
当たり前の日常の有り難みも噛み締めることになりました。

ダールシェール

そして、
このIKEAで買った水栓
ダールシェールですが、
レバーが正面の位置にあるときは水だけが出るようになっています。
お湯を出すにはレバーを左の方に寄せないといけないので、
何気なくレバーを上げただけでは水しか出ません。

このあたりの機能デザインも気に入りました。
無駄にお湯を出さなくてすみそうです。

仕上げはワイドスイッチに交換

ネジが効かなくて元の位置に付けられない

上の写真で洗面ボウルの左手のスイッチは
照明と、鏡の曇りどめのスイッチなのですが、
外れたままにしているのは
新しいプレートに交換したら、
(またしても電気工事士資格が活躍😊)
石膏ボードが崩れてねじが効かなくなってしまいました。

このパテは強力でした

でもフレキパイプを買うため、
ホームセンターに走ったら
こんなものを見つけたので買ってきました。

これおすすめですよ。

硬化したらガチガチになって、   元のネジ位置と全く同じところにガチっとつけられました。

びくともしません。


f:id:hikaru217:20210520231649j:plain




ようやく連休4日目の夜に
ちょっと落ち着きました。

(続)

Hikaru



やっとできた洗面台

真っ白な洗面台もできて、
脱衣場にも無事収まりそうになったところで、
連休も3日目です。

blog.yutenji.biz

前日、白さにうっとりしたのも束の間、
洗面ボウルを設置するために
その美しい洗面台に、穴を空ける日です。

この設置が終われば、
明日からは風呂場で顔を洗わずにすむと思うと、
気持ちも前向きになります。🙂.

2台目の電動工具

さて、穴あけのためにはジグソー(電動鋸)が必要なので
前もって購入しておきました。

f:id:hikaru217:20210520003124j:plain

BLACK&DECKERのコンパクト・オービタルジグソー
Hikaruにとっては、電動ドリルに加えて2台目の電動工具です。

正直言って良し悪しも何もわからず
厚さ3センチの天板に穴を開けるには必須と思って買いました。

ゴーグル

ネットで見ると、
「ゴーグルとか防塵マスクは絶対あった方が良い」
みたいにあったので、それらも一緒に買って、、、


結構、工具代、道具代がバカにならないです。

実は前日、洗面台を作る側、
端材を使ってジグソーの使い方のリハーサルなんかもしました。
結構怖い工具だし、難しいです。

速度のコントロールがよくわからないし、
切り口も荒いし、、、

で、真っ直ぐ切れるかな??
という不安の中、
空ける位置を決めると、
最初に四隅をジグソーの刃が入るぐらいの穴をドリルで空けたのですが、
これがとにかく硬い硬い。  

天板のメラミン合板もドリルが滑りそうで怖い怖い。

電動工具でも結構体力消耗します。

おまけに、マンションの一室での作業は音も近所迷惑。
(お隣さんごめんなさい)と心の中で謝りつつ、
慣れないジグソーでガガガガとその4箇所の穴と穴を繋ぐようにジグソーでカットし
なんとかぽっかり空けました。

ほっ😗

でも、その切り口の写真は非公開にします。
とてもお見せできません。
酷いものです。
ジグソーパズルのピースみたいでした。
まてよ、🤔 ジグソーってそういう意味なのか? などと自問しながら。。。
(きっと違うね)

いざ、

脱衣場に設置

シリコンシーラント
コーキングガン

とにかく脱衣場に洗面台を運び入れて、
洗面ボウルを設置します。

そのために シリコンシーラントとコーキングガンも買っておきました。
洗面ボウルと洗面台の隙間を埋めつつ、接着するためです。

けっこう、こういう慣れないDIYはとにかく下調べが大変です。
シリコンシーラントも
コーキングガンも
ジグソーだって
DIY初心者でど素人のHikaruには 「そもそもそれって何?」
という感じでしたから。  

白に黒

さて、IKEAの洗面ボウルのマニュアル通り、
洗面ボウルを裏返して、
シリコンシーラントをコーキングガンを使って塗ろうと、

「えっ?」🥸
「黒い?」😫
「白」 のシリコンシーラントを買ったつもりが、   間違って「黒」を買っていたのです。
ちゃんと「Black」って書いてあるし、、、 普通は間違えないでしょ😣
よく見て買えって感じです。

こんな真っ白な天板と真っ白な洗面ボウルの接着に「黒のシーリング」😱

一瞬眩暈がしましたが、気を取り直して、、、

よく見ると、シーリングするのは外から見えないところだけで良さそうです。

そのまま作業続行。
設置位置を決めました。

そして、
排水管をつけて、、、
水栓を洗面ボウルにつけて、、、 いい感じになってきました、、、

f:id:hikaru217:20210520014021j:plain
いい感じ

これで、あとは水栓を水と温水と間違わないように繋げるだけ😄

と、

がーん❗️
管が届かない❗️

f:id:hikaru217:20210520002335j:plain

翌日、ホームセンターに飛んで行ったのはお話しするまでも無いです。

もう1日、風呂場で顔を洗うことになりました。

(続)

Hikaru