還暦過ぎたエンジニアの挑戦

還暦過ぎても好奇心だけは忘れない エンジニア Hikaruのブログ

MENU

ホンダに思う

f:id:hikaru217:20210328014055j:plain

最後のF1

今年はホンダがF1に参戦する最後の年です。

www.honda.co.jp

その最後の年に、日本人ドライバーを使うそうです。
角田裕毅(つのだ ゆうき)選手。


正直に言うと、ここ数年F1への興味はほぼ薄れていました。
テレビでレースを見ることもなく、
ニュースでちらと目にする程度で。

でも、 今年が最後の参戦!
名前も知りませんでしたが、日本人ドライバーが乗るらしい。

と、聞けばまた血が騒ぎ出します。

やはり、ホンダファンなのです。

この1年は再びF1に注目します。


懐かしい時代

ホンダのF1というと、

ナイジェル・マンセルネルソン・ピケのウィリアムズ・ホンダ
アイルトン・セナ中嶋悟が乗ったロータス・ホンダ
そのセナとプロストが乗ったマクラーレン・ホンダ

Hikaruが一番F1に熱くなっていた頃です。 1985年ぐらいから1991年ぐらい。

毎回レースのたびにテレビの前に釘付けでした。
ヨーロッパのレースなんか時差があるから真夜中なのに。。。

ホンダのF1黄金時代でしたね。
速かった。
懐かしいです。

確か、中島悟の鈴鹿のレースはVHSに録画したように覚えていますが、
はて、今はどこに?
もう捨ててしまったかもしれません。

そういえば古いVHSのプレイヤーをまだ持っていますが、
使えますかね?
もうカビが生えているかもしれません。

なんだかいろいろ記憶が甦ります。😗


ホンダファン

そう、若い頃は、ホンダの二輪車に乗っていました。
その頃の彼女を後ろに乗せて、
奥多摩へツーリングに行ったりもしていました。
おにぎりを握って。

それからもう37年。
いまだにその彼女とは一緒にいます。😓

いったい何を書いているんだか。。。

とにかく、
Hikaruにとって、ホンダは単なる自動車メーカーではないです。

だから、少しですけど、ずっと株も持ち続けています。
(なんだかこのところ好調😊)

どこかで関わっていたいと思う気持ちの表れですね。

Hikaru