還暦過ぎたエンジニアの挑戦

還暦過ぎても好奇心だけは忘れない エンジニア Hikaruのブログ

MENU

ちょっとだけエントランスの雰囲気を変えた

IKEA のワードローブ用のセンサー付き照明

夜、外出先から帰ってきて誰もいない時、 鍵を開けた瞬間が真っ暗。。。

ではちょっと寂しい。

ということで、IKEAでこれを購入しました。

手抜きの設置

もともとワードロープの中に付けて
扉を開くと人感センサーでライトが灯る

という商品ですが、Hikaru家ではこれを玄関につけることにしました。

当初は下駄箱の上にポツンと置いていたのですが、
ちょっと閃いたのでこんなふうにダウンライト風にしました。

おっ、なかなか良い感じ😗

昼間の明るい時に撮ったのでイマイチな写真ですが、伝わりますでしょうか。

ちょっと強力な両面テープで貼り付けただけで、
2つセットで¥800ぐらいだったので安い買い物です。

電源は単4電池

この照明ですが、電池交換が楽ちんなところが良いです。
例えばテレビのリモコンの電池を思い浮かべていただくと
蓋には爪があってスライドさせるなどして外すと思いますが、
これはマグネット(真ん中の丸いところ)でくっついているだけなので、
パカっと外すだけで電池交換できます。

難点は電池の消費量

まあ、仕方のないことですが、
センサーで勝手に点く照明なので、
玄関を出入りするたびにピカっとついて、
消灯スイッチはないので三十秒ぐらいつきっぱなし。
一つの照明で3個の電池を使うので、結構電池は消費します。

ということで少々勿体無い気がするので

単4型充電池を購入

しました。

数百回は充電できるそうなのでちょっとecoかも。
少し電池がくたびれて照明が暗くなってきたな
と思ったら電池交換するか、つぎ足し充電してしまおうという思惑です。

しかも、期待していなかったのですが、
この充電器は単3単4兼用になっていました。

写真ではちょっとわかりにくいかも

今度は少し単3の充電池も購入しておこうと思います。

ちょっぴりeco lifeを

Hikaru