還暦過ぎたエンジニアの挑戦

還暦過ぎても好奇心だけは忘れない エンジニア Hikaruのブログ

MENU

白さにうっとり

f:id:hikaru217:20210518234145p:plain

いよいよです🙁

洗面台の枠ができたところで、

洗面台の天板を乗せます。

昨日、書いたように微妙に長方形とは言い難い台座というか台枠になりました。

天板を乗せるにあたっては、
目につくところはきっちりと、
そうでないところはそれなりに仕上げることで
夫婦間の合意はできています。

うちの洗面台でいえば、
奥側と左側は壁ドンなので、
多少天板とずれていても気にならない。
でも右側は綺麗に側板と天板の右側を合わせておきたい。

その一心です。

いざ、
blog.yutenji.biz

最近購入したこのドリルを使って

ダボ継にチャレンジ!

といっても、ダボは枠を組み立てる際に体験済みで、しっかり失敗もしています。
そこで、ちょっとだけ掴んだ素人の勘を生かそうと思います。  


枠側の穴空け
9.5mmのビット錐
ドリルガイドセット
最初に枠の数箇所(具体的には左右の側板に3箇所、背板と前板に3箇所ずつ)に垂直に10mmのダボ穴を9.5mmのビット錐(10mmだと穴が大きすぎらしい)とドリルで、ドリルガイドを使って垂直に穴を開けます。
この「垂直に」というところがきっと素人には難しく、
成功の鍵の40%ぐらいは占めていると思われます。
なのでドリルガイドも使いました。


もう一つ大事なのは穴の深さ。
深すぎてもいけませんが、浅すぎたらダボが突っかかって天板が浮いてしまいます。
素人は深めにしておいた方が無難だと思いました。

ダボ位置をマーク
ダボマーカー
次は空けた穴にダボマーカーをさして、天板の位置をしっかり決めます。
天板の方に空けるダボ穴の中心をマークするためですが、
思い返すと、ここが最重要ポイント。
最初に書いたように、我が家のレイアウトでは「右が命」です。
添え板を置いてきっちり合わせて・・・
当て木を忘れずに木槌で一叩き。
何度も叩くのはNGです。
間違いなくずれます。
マーク失敗
木槌
ダボマーカーを刺したあたりを一通り叩くと、天板をひっくり返しました。
マークされた箇所を確認し、、、
と思ったのですが、思った以上に天板が硬いせいで、
4箇所ぐらいはマークした位置がさっぱりわからない。😩
木槌でたたく力加減も材料の硬さを知らないと失敗しますね。
でも、このままいい加減に穴を開けると大失敗につながる。🤫
。。。決断しました。
マークし直す!
素人は怖いもの知らずです。
今マークした位置は御破算にしてもう一度マークし直しました。
天板のマーク位置に穴あけ

あとはマークした天板側に正確に穴を空けさえすれば。。。
細心の神経を使ったつもりで、ダボ穴を空けました。
さっきのマーク位置を信じて。

でもね、やっぱり微妙にズレるんですよ。
みんなそうなのかなぁと思いながら、
素人の限界か?などと思いながら、
ここまで来たら
何がなんでも叩き込むしかない

とまでは決心できたのですが、
ダボ穴にボンドを入れるのはやめました。。。弱気

それなりに重量感のある天板なので、
ダボでずれることは無いと自分に言い聞かせて。

ダボ継

やっとここまできました。
ダボを穴に叩き込んで、
天板の方の穴をダボに合わせて重ねます。
微妙にずれています。
しかし、意を決して、当て木をして、木槌で四隅から叩きました。

ちっとやそっとでは入りません。
マンション中に響き渡るぐらい、乾いたでかい音がしましたが、

(ごめんなさい)と呟きならが叩き込みました。



ま、結局なんとかなったみたいです。



f:id:hikaru217:20210518220814j:plain  
やっぱり左側がちょっと浮いてるみたいですね。😅

でも心配しないで!
最後に出来上がった写真もお見せしますが、
しっかりダボが食い込んで、最後は落ち着きました。

f:id:hikaru217:20210518221007j:plain

それにしてもなんて綺麗な天板でしょ?🥰
Hikaruはこの白さにうっとりでした。

(続)

なんか今日は急にテイラースイフトが聴きたくなったので。。。💕


www.youtube.com

 

Hikaru



枠にワクワク

GWも2日目を迎えました。
世間は平日の方もいらっしゃるとは思いますが、
勤務先には休暇届?を提出して、DIY2日目の朝を迎えました。


1日目

  1. 25年間付き合った洗面台に別れを告げ

  2. 放置されていた壁紙を貼り替え

  3. 床のシートも張り替えました

濃厚な1日目を終えて2日目はいよいよ、
洗面ボウルを置くための土台のテーブルを作ります。

以前、洗面台のリフォームを思い立った頃は、何も決められずにいたのですが、

blog.yutenji.biz

全体を白系のもので明るくしたかったHikaru夫婦が

選んだ洗面ボウル

をまず紹介します。  

www.ikea.com

そして、水栓はこれ

www.ikea.com

このリフォームを実行に移すために、
どちらも一週間ほど前にIKEA港北で購入しました。 両方で¥23,000ほどです。

実はこの洗面ボウルありきで壁紙や床シートのデザインも決めました。


あらためて自己紹介させていただくと、
HikaruファミリーはIKEAファンです。
f:id:hikaru217:20210516212649j:plain

九州の

blog.yutenji.biz

この時も
博多のIKEA福岡新宮店をメインの家財調達先にしたぐらい。

みなさんはどう思うかわかりませんが、
HikaruはIKEAの白を使った家具のデザインと、
機能性とコスパはすごく良いと思っています。

だいぶ話が外れましたが、 先日、ネットで注文した

洗面台の天板

も到着しました。

実物を見て感激。🥰

この天板は

弘形工芸さんというところにお願いしたのですが、

オーダーの内容を細かく聞いていただき、
化粧板のサンプルまで送っていただいて、
注文まですごく丁寧に対応していただきました。
この業者さんだったら安心と思って注文したのですが、
手元に届いたものを見て、
梱包の丁寧さもさることながら、
本当に綺麗に仕上げていただいて感激しました。

この綺麗な真っ白な天板に、洗面ボウルを添えつけるために、
ど素人のHikaruがジグソーで穴を開けるのです。

少し、胸が痛みます。😓

それもそうですが、その天板を支える

台の材料

それも三週間ほど前にネットで注文しましたが、
木材などなんの知識もなく、
買ったこともありませんから
ネットでいくつかのサイトを見て 「エイヤッ」
で決めました。😊

キーワードは
「白っぽい木」
「集成材(が良さそう)」
側板と前板の部分が目につくところなので、
ノースパイン(赤松…今回覚えた木材)の30mm厚のものを
もちろん、サイズ指定を指定してカットもしてもらいました。

背板の部分は見えないのところなので
ホームセンターで普通の(?)ワンバイ材をカットして用意しました。

さて、中学時代以来の木工です。  

採寸さえ間違っていなければ

綺麗に組み上がる?
カットしたのはプロの方達です。  

甘い甘い
甘かったです、考えが。。。😉

もう一度この絵を持ち出すと
f:id:hikaru217:20210408213412j:plain

天板がピタッと乗っかるイメージです。

でもそれは木工の上手な人が考えれば良いこと
素人がダボなどを使って組むと
(表にビスが見えないというので飛びついた。ネットを見ただけで挑むのは初体験)、
組むところに隙間ができて? ダボ穴が思ったより浅くて?
原因はよくわかりませんが、
考えていたものより大きくなっちゃうみたいです。😅

いや、ただの下手くそなんでしょう。

そう考えると、  
天板は組んだ台よりちょっと大きめ
みたいに考えたデザインの方が収まりが良いかもしれません。 🤫

この絵の横幅は実際のスペースと5mmぐらいしか違いませんから、
実はちょっと危なかったです。😅
幸い奥行きの方は天板が前に突き出すように考えていたので、
うまく誤魔化せそうですが。。。

なんとか台を組み上げた瞬間、
とにかく脱衣場に運びました。

横幅大丈夫か?
入るか? って。🧐

ギリギリ

なんとか収まりました。😗

一つ大きな心配事をクリアしました。

(続)

Hikaru


 

四角が死角

f:id:hikaru217:20210515223854p:plain

なんとか壁紙を貼り終えたので  

blog.yutenji.biz

今度は床の番です。

驚きの安さ

今までの床のシートは固くて、冬は冷たい感じだったので
クッション性のある少し厚めの床シートを購入してきました。

東リさんのこんな感じのものです。

www.toli.co.jp

脱衣場はもちろん、トイレの床もお揃いにしようと、
90cm幅のものを4mぐらい購入して3,200円ぐらいです。
安い!😊

今まで、興味を持っていなかったせいもありましたが、
価格相場というものを知らなかったので正直驚きました。

もっと早くやれば良かった。。。
いまさら言っても始まりませんけどね。😓

今回のリノベーションでは、とにかく明るくしたかったので 白っぽいデザインのものにしました。

いざ貼り替え

壁紙は既存のものに被せて貼りましたが、
床は古いシートを剥がして貼っていこうと思います。

今より厚みがあるのと、剥がすのがそんなに大変じゃなさそうだったので。  

案の定、古いシートは簡単に剥がれました。

f:id:hikaru217:20210515215906j:plain

剥がした後の古いボンドの凸凹にはサンドペーパーを少しあてましたが、
これから貼るシートは厚みもクッション性もあるので、
その作業はそこそこにして、
さっそく2枚を張り合わせる感じで敷いていこうと思いました。

DIY初心者のHikaruでも定規とカッターでうまくいきそうです。

壁紙の時と違って、
脚立に乗ることもなく、
作業中に何か落とす心配もないので、
落ち着いてできる作業になりそうです。

写真の右手の方は排水溝の欠き込みがあるので後にして、
入り口の方の素直に四角っぽい方から貼ることにしました。

四角が死角

で、いざシートを端から当ててみると
なんか空く・・・
あっちを合わせればこっちが・・・
こっちを合わせればあっちが・・・

なぜか角がぴったり合わないのです。

そう、四角い脱衣場は、
長方形だと思い込んでいたのですが、
微妙な台形(とも違うか、、、)だったのです。

不用意にカッター入れなくて良かった。

綿密に採寸をし直すことにしました。

しかも結構柱なんかの欠き込みもあります。  

いい加減な施工をしてなるものか!🙁

というところに新たな問題が。

さっきの写真を拡大すると
f:id:hikaru217:20210515221149j:plain

わかりにくいかもしれませんが、
写真の上部がこれから綺麗に貼ろうとしている古いシートを剥がした部分。
その入り口の段差になっている敷居のところの塗装が汚く剥げています。

これはもうどうにもなりませんね。
なので、サンドペーパーで逆に全て塗装を剥がしちゃおう!
と決断🧐

床を貼る前に一仕事増やしました。
シートを貼ってからサンドペーパーをかけたのでは
きっと新しいシートを傷物にしちゃいますからね。

結局、

思ったより大仕事

でしたが、なんとか初日の作業を終えました。

f:id:hikaru217:20210515222524j:plainf:id:hikaru217:20210515222549j:plainf:id:hikaru217:20210515222608j:plain

古い洗面台を解体し、
壁紙を貼り、
床のシートを貼り替えて ソフト巾木を貼り終えた頃には 夜の8時をまわっていました。

でも、壁も床も綺麗になったし、
普段、肉体労働のないエンジニアのHikaruにとっては
なんとも気持ちの良い疲労感でした。

しかし、まだ肝心の洗面台が。。。

(続)

Hikaru


立ちはだかる壁

f:id:hikaru217:20210514004927p:plain

昨日の記事
blog.yutenji.biz

すっかり洗面台は綺麗に壊してしまいましたから、
1〜2日は、風呂場で顔を洗うことはもとより覚悟の上です。
屈んで髭剃りや歯磨きすることになります。

腰を痛めないようにしないと。。🤫  


さて、
鏡の上の蛍光灯も外し
(ここ、電気工事士の資格をとっておいて良かったです。でないと配線を外すのは違法です)
養生などもしていざ壁紙貼りです。

f:id:hikaru217:20210514001224j:plain

選んだ壁紙

もちろん、壁紙貼りなど初めての経験です。
うまくいくのでしょうか?
ずっと自問自答しています。

実は、材料の壁紙は一週間ほど前にホームセンターに行ってすでに購入済みです。
例によって後先考えずに色柄だけで
「これがいいんじゃない?」
と、いつもの軽い調子でデザインだけで決めたHikaru夫婦の買い物でした。

10mで6000円ぐらい。  

一坪程度の脱衣場の壁紙なので、
まあ10mあれば十分でしょ。
と。。。

かなりテキトー。

生のりが既に塗られていて、
既存の壁紙の上からでも貼れるタイプです。  

古い壁紙はやはり剥がそうかと、少し悩みもしましたが、
他にもいろいろやらなければならないので
作業軽減でそのまま既存の壁紙の上から貼ることにしました。  

ですので、
剥がれかかった壁紙はボンドで補修し、
出っ張っているねじ穴などの部分は紙やすりなどをかけて平にして 汚れも拭いておきました。

道具だって必要

なことも調べてます。

というより、もう2年も前にこんなものを購入していたので万全。😗
(それから放置しているところがなんだか。。)

f:id:hikaru217:20210513224413p:plain
既に購入済みのカベ紙貼りセット

おさえヘラで空気を押し出しながら圧着して
カット定規を使ってカットする。

おさえローラーだってついています。  

道具はあるし、
なんとかなるでしょ。  

と、、、

よく見ると 「粘着タイプの壁紙用」!!

購入した壁紙は「生のりの壁紙」

え〜〜っ😩

大丈夫なのでしょうか 本当はこういうのを使った方が良かったようです。

f:id:hikaru217:20210513230421p:plain
生のり用のカベ紙貼りセット

先が思いやられます。  

知らぬが仏

実はそのことに気がついたのは貼り終えた後のことです。

「その作業の時」には全く気付いていませんでした。

「こういうものだろう」
という、勝手な思い込み解釈のもと、
知らぬということは恐ろしいもので
ひたすら妻と二人でギャーギャー言いながらなんとかかんとか、
それでも貼り終えました。  

まあ、ビギナーズラックでしょう。

でも、たくさん失敗しましたので

反省点をまとめます

もし、これから初めて自分で壁紙を張り替えようとするかたがいらしたら、
Hikaruの失敗は繰り返して欲しくないと思いますので、
ぜひ、転ばぬ先の杖として参考にしてほしいという思いで書きます。

  1. 壁紙の必要な長さはちゃんと測って計算して購入しましょう。

    実は最後、長さが足りなくなりました。 アバウトには大丈夫と思ったのですが、切り方が下手で足りなくなりました。
    最後はやむなく、洗面台や、蛍光灯で見えくなるところをなんとか除外して、
    切りはりして誤魔化しました。
    そもそも貼り方が下手な上に 疲労感倍増でした。

  2. 養生はしっかり f:id:hikaru217:20210514003608j:plain

    壁紙の生のりがベチャっとつくとその場で拭き取るのも大変ですけど、
    乾いた後も掃除する羽目になります。
    写真の通り、コンセントや窓枠は良いのですが、
    ドア枠の養生を適当にしちゃって後が大変でした。

  3. カッターの刃はこまめにカットすべし

    たぶん、プロとはこういうところからして違うのでしょう。
    刃に生のりがつくせいだと思うのですが、あっという間に切れなくなります。
    素人はそもそも切り方がうまくないので、切れなくなったらすぐに刃は折った方が良いです。 横着すると、切れずに押すような感じになり、無理すると壁紙が破れます。
    合わせのところで悲惨なことになります。

  4. とにかく落ち着かないと f:id:hikaru217:20210513235900j:plain

    わかっているつもりでも慌てました。
    のり付きの壁紙は柔らかく、重いので、窓枠などに引っ掛けると簡単に破れます。
    そこで慌てて注意を向けると、別の箇所で失敗。 写真ではわかりにくいですが、ここ破ってます。
    そして入隅を決めきれずに少し浮いちゃいました。
    一番慌てて貼った箇所で、何度も張り替えた箇所です。

まあ、でもなんとかかんとか貼り終えましたが、
たぶん4時間ぐらいかかりました。  

鏡の下の左右は壁紙が足りずに貼れませんでしたが、 計画ではここは洗面台で隠れるところです。

気にしないことにします。

f:id:hikaru217:20210514003640j:plain

(続)

Hikaru



 

 

 

別れの日

f:id:hikaru217:20210512230051p:plain

2021年4月29日

先日、こんな記事を書きました。

blog.yutenji.biz

洗面台のリフォームを決意したのですが、
その時発注した洗面台用の天板が、
予定通り、ゴールデンウィークの初日、
4月29日に到着しそうな連絡を受けて行動に移すことにしました。

とうとう、25年間付き合ってきた洗面台にさよならをし、
汚れの溜まった一坪ほどの脱衣場のリフォームを決行する日です。

それにしてもDIY初心者にはあまりにも高いハードルです(よね?)  

計画

目論見は

  1. 作り付けの洗面台を撤去し

  2. 壁紙を貼り直し

  3. 床シートを張り替えて

  4. 洗面台を造築し

  5. 洗面ボウルを設置してお湯を出す

本当にできるのですかね?😱

ざっと、こんな感じのストーリーですが、一つ一つが重い重い。。。
どれもこれもやったことなどありません。  

正直、ふと思いました。  

どこかの業者さんに頼んだ方が良いのじゃない?
その方が賢明なんじゃない?  

囁かれている気がしました。  

これだけのことをしようとすると材料だけでもなかなかの費用がかかります。
ずぶの素人のHikaruがこれらをすべてやり遂げることができるのか?
何か取り返しのつかない大失敗をして全てがパァになったりして??
しかも、できるだけ綺麗に仕上げたいし、、、

欲張っている分、想像しただけでも不安だらけです。😒
震えもきます。  

でも、もうやるっきゃないです。😅

と、いうわけで

解体

f:id:hikaru217:20210502065648j:plain

にかかる前に、
荷物を運び出した後、
洗面台の鏡の前でお礼しました。  

25年前にこのマンションを購入した時からずっとお世話になり続け、
娘が生まれた頃はこの洗面台で沐浴もしました。
シャワーヘッドがついていてホースを伸ばすこともできるので
すごく便利に感じたものです。

でも初めての沐浴は怖かったなぁ。。。😑

首も座っていない我が娘を恐る恐る抱いたまま
でも抱かれた娘にはニコニコと笑いかけられて
こっちはビクビクしながら、、、

今思うとこれを幸せというのだと思います。🥰  

そんな思いと
使おうと思えばまだまだ使い続けられる洗面台だとは思いますが、
汚れもひどく、ガタがきているのも事実です。

パンパン🙌

お礼を言って別れを告げました。

作業開始

さて、まずは止水栓を閉めます。
が、
か、硬かったです。🙁

25年間動かしていないからでしょうね。
ドライバーではどんなに力をいれてもびくともしません。😓

困りました。

もっと握りの大きいドライバーでないと無理そうです。  

しかし、そんなものはない。  

スクレイバーを使ったり、
おバカで素人ですよね。スクレイバーの刃は平が命なのに曲がったらどうする)
バールを使ったり、
(これもあまり効果なし) それでも、なんとかかんとか、やっとの思いで閉めました。  

水が出なくなったことを確認して、水栓とホースを外しました。
ちょっとホースの中の水がこぼれますから外す瞬間はバケツと雑巾が必要ですが、   そこには気が回らず、しっかりこぼしました。
そのぐらい頭を使えよって言われそうですが、思った以上に散漫になっています。

でもなんとか。

f:id:hikaru217:20210512215620j:plain

洗面台の下もサッパリしました

f:id:hikaru217:20210512220011j:plain

いよいよ

洗面台の破壊

です。

でも、みなさん。
こういうときは気をつけましょう。

Hikaruは、コーキング材で洗面台が壁とくっついているのを無視して
(というか気付かずに)
無理に洗面台を撤去しようとしてまんまと壁紙を破りました。  

今回は壁紙を貼るつもりもいるので結果オーライですが、
ちゃんとカッターでコーキングに切れ目を入れるか
剥がすかしておかないとだめですね。  

こういうところが素人で、先が思いやられるところです。  

無茶や横着は禁物!  

自分に言い聞かせて、
なんとかドライバーとバールで洗面台を解体しました。  

f:id:hikaru217:20210512220636j:plain

写真の左上のところ、
しっかり壁紙を破ったところも写っていました。  

しかし汚い。。。😅

(続)


 

Hikaru


本当にべっぴんさんだった

f:id:hikaru217:20210411084927p:plain

毎日お風呂掃除をしていて
ず〜っと以前から気になっていたのが

ユニットバスの湯船の汚れ

でした。

f:id:hikaru217:20210411080900j:plain

分かりづらい写真ですみません。
縦縞のように茶色の筋が入っているのが「あか」。

普段の掃除では全然落ちなくて、
「まあ、しかたない。。。」
という悪魔の囁きでやり過ごしてきました。

というところへ、
実は昨日、クローゼットをちょっと整理していたら
こんなものを未使用状態で発見🧐

f:id:hikaru217:20210411081329j:plain

「べっぴんさん」

Hikaruは男なので、単純にべっぴんさんは好きですが、
それはおいといて、いったいいつからこんなものを後生大事に。。。🤫
少なく見積もって考えても10年以上は経っている気がします。

どうやら、湯あかや石鹸あかが水だけで落ちるようなことが書いてあります。

これは使ってみない手はないと思い、
朝っぱらから風呂場でゴシゴシ🧽

じゃ〜ん

なんと、結構簡単に落ちました😊👍🏻

f:id:hikaru217:20210411082147j:plain 

わかりますかね😄

下の方にボロボロ消しゴムカスのように落ちていきました。

素晴らしい製品です。
いつ頃のものかはわかりませんが、
今頃はきっと 「もっと進化しているに違いない」 と思い、ググりました。

そしたらなにこれ!!

www6.nhk.or.jp

全然違うし😤

そこで、会社名とともに検索すると。。。

ありました!!

www.mock.co.jp

それはそうでしょう
いい製品です。
330円!は安いですよ

しかも間違いなくロングセラーなのでしょうが、
パッケージもそのままらしいところがまた😄。

今朝は、今日のお天気みたいに爽やかで気分がいいです。

 

Hikaru



日付フォーマットで瞬間悩んだら

mysql

日付だけでよいのにと思ったら

select now();
select date_format(now(), '%Y-%m-%d');

結果

2021-04-09 21:59:05
2021-04-09

文字列を日付っぽくして、0埋めしてフォーマット

select concat('2021', '-', '4', '-', '9');
select date_format(concat('2021', '-', '4', '-', '9'), '%Y-%m-%d');

結果

2021-4-9
2021-04-09

文字列を日付っぽくして、0埋めしてフォーマット(その2)

select concat('2021', '-', lpad('4',2, '0'), '-', lpad('9', 2, '0'));

結果

2021-04-09

桁を揃えるために0埋めしたいときのlpad()はよく忘れる

lpad( 文字列, 桁数, 左側に埋めたい文字 );
Hikaru